光浄院(読み)こうじょういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光浄院
こうじょういん

滋賀県大津市にある園城寺子院の一つ。客殿は慶長6 (1601) 年の再建で国宝。正面軒唐破風のついた車寄部分や中門など,寝殿造の名残をとどめる主殿造の典型。部屋は2列に並び,各室とも畳を敷きつめ,上座の間に床,棚,帳台構を設け,上段には床,付書院が設けられている。桃山時代の上層住宅の形式を示すものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の光浄院の言及

【園城寺】より

…内部は広縁に面して狩野光信筆と伝える金碧障屛画で飾られた広間,上段間があり,桃山時代の代表的な客殿建築である。光浄院客殿(国宝)も1601年の建築で,広縁回りの扱いがいっそう洗練されている。また縁先の山水庭園は小規模ながら保存がよく名勝に指定されている。…

※「光浄院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android