コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主観確率 しゅかんかくりつsubjective probability

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかんかくりつ【主観確率 subjective probability】

事象の生起の不確実性の程度を主観を混ぜて評価した確率。主観的確率ともいう。ある事象の主観確率が評価した個人に依存せず共通であれば,それは客観(的)確率とよばれる。したがって,正しいさいころの各目の確率が1/6というのは客観確率である。正しくないさいころの各目の確率は,評価する主体により異なるので主観確率である。たとえば,このさいころを1000回投げ,各目の出現回数を情報として再評価された各目の確率も,主体により異なるので依然として主観確率であるが,はじめの確率よりも主観性が減少している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主観確率の関連キーワードベイズ決定関数ベイズ解

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android