コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主観確率 しゅかんかくりつ subjective probability

翻訳|subjective probability

1件 の用語解説(主観確率の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかんかくりつ【主観確率 subjective probability】

事象の生起の不確実性の程度を主観を混ぜて評価した確率。主観的確率ともいう。ある事象の主観確率が評価した個人に依存せず共通であれば,それは客観(的)確率とよばれる。したがって,正しいさいころの各目の確率が1/6というのは客観確率である。正しくないさいころの各目の確率は,評価する主体により異なるので主観確率である。たとえば,このさいころを1000回投げ,各目の出現回数を情報として再評価された各目の確率も,主体により異なるので依然として主観確率であるが,はじめの確率よりも主観性が減少している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

主観確率の関連キーワード蓋然性評定法確実性扱き混ぜる不確実不確かベイズ解不確実性シナリオ・プランニング法変わり蕎麦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone