コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久下直光 くげ なおみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久下直光 くげ-なおみつ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
武蔵(むさし)久下郷(埼玉県)を本拠とし,私市(きさい)党に属す。義理の甥(おい)の熊谷直実(なおざね)が平知盛(とももり)の家人になったことをうらみ,直実の所領を侵害。のち源頼朝につかえ,建久3年(1192)頼朝の前で直実と対決,所領争いに勝訴した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久下直光

生年:生没年不詳
平安末から鎌倉前期の武士。武蔵七党の私市党に属し,父は憲重。武蔵国大里郡久下郷(埼玉県)を本領として久下権守と称した。平氏政権の時代,大番役に代官として上洛させた甥の熊谷直実が平知盛と主従関係を結んで自立したことを機に直実と対立。治承4(1180)年源頼朝の挙兵に従い,平家追討に功をあげ,頼朝の側近梶原景時の信頼を得た。建久3(1192)年11月,直実との所領争いで頼朝の面前で対決,勝訴している。子孫は丹波に移る。<参考文献>八代国治・渡辺世裕『武蔵武士』,安田元久『武蔵の武士団』

(野口実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

久下直光の関連キーワード八代国治鎌倉時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android