コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世但馬 くぜ たじま

1件 の用語解説(久世但馬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世但馬 くぜ-たじま

?-1611 織豊-江戸時代前期の武士。
肥後(熊本県)領主佐々成政(さつさ-なりまさ)につかえたのち,徳川家康の次男越前(えちぜん)(福井県)北庄(きたのしょう)藩主結城(ゆうき)秀康の臣となる。慶長16年農民殺害事件をめぐって岡部伊予とあらそったすえ,藩主松平忠直から兵をさしむけられ,同年8月討ち死にした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久世但馬の関連キーワード赤星内膳楠不伝小林国広新庄直方雪林多賀左近土屋之直丹羽忠政萩野又一桃ケ谷国仲

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone