コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世道空 くぜ どうくう

1件 の用語解説(久世道空の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世道空 くぜ-どうくう

1704-1784 江戸時代中期の武士。
宝永元年9月17日生まれ。幕府の寄合。のち火事場見廻をつとめる。典礼研究を命じられ,小笠原流流鏑馬(やぶさめ)の秘記などを研究。山田宗也に師事し,茶の湯もよくした。天明4年5月26日死去。81歳。名は広咸,広景。通称は泰三郎,三四郎。号は松窓庵。著作に「安多布久路」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久世道空の関連キーワード宝永ティチング唐来参和新保広大寺一中節からくり限りの太鼓阿部正武市川団十郎(初代)醍醐新兵衛(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone