コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保佐四郎(読み)くぼ さしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保佐四郎 くぼ-さしろう

1872-1944 昭和時代前期の人形作家。
明治5年生まれ。吉野栄吉に師事。昭和3年平田郷陽(ごうよう)らと白沢(はくたく)会を結成,創作人形運動をおこす。嵯峨(さが)人形の流れをくむ木彫盛り上げ彩色人形を復活させた。作品の大部分は戦災で焼失したが,埼玉県の笛畝(てきほ)人形記念美術館に「人形遣(つか)い」「暫(しばらく)」などがのこされている。昭和19年3月9日死去。73歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android