コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥子人形 ケシニンギョウ

3件 の用語解説(芥子人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けし‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【×芥子人形】

きわめて小さい木彫りの衣装人形。女児の玩具やひな祭りの飾りとして江戸時代に流行した。豆人形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けしにんぎょう【芥子人形】

衣装を着せた小さな木彫りの人形。江戸時代中期に流行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芥子人形
けしにんぎょう

江戸時代に流行した小さな人形。芥子粒(つぶ)のように極小という意味で名づけられた。1686年(貞享3)刊の『雍州府志(ようしゅうふし)』には、木彫りの人形に衣装を着せたものとあり、当時は京都中心につくられた。井原西鶴(さいかく)の『好色一代男』にも、「小箱をさがし、芥(けし)人形、おきあがり、雲雀(ひばり)笛を取そろえ」とあり、小さくかわいらしい点で江戸中期以後愛玩(あいがん)された。江戸でも大形雛(ひな)人形の反動として小形が現れ芥子雛とよんだ。また、土焼きの箱庭人形のことなども芥子人形といい、江戸の今戸(いまど)、向島(むこうじま)などでつくられた。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芥子人形の言及

【衣装人形】より

…浮世人形とも呼ばれた。《雍州府志(ようしゆうふし)》(1686)には,小さなものは芥子(けし)人形といったとある。木彫人形に絹布を着せたのでこの名が生まれたという。…

※「芥子人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芥子人形の関連キーワード木偶衣装人形一粟木目込み人形芥子雛秋毫塵劫糠釘零細無極性溶媒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone