コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白沢 しらさわ

5件 の用語解説(白沢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白沢
しらさわ

福島県中部,本宮市東部の旧村域。阿武隈高地の西麓にある。 1955年白岩村と和木沢村の大部分が合体して白沢村が成立。 2007年本宮町と合体して本宮市となった。丘陵地が広く,かつては養蚕が盛んであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

白沢
しらさわ

群馬県北東部,沼田市中央部の旧村域。武尊 (ほたか) 山系の田代山南西斜面にある。 2005年沼田市に編入。群馬県のなかでは寡雨地帯に属し,砂質土壌と相まって干害を受けやすいが,1964年片品川から取水する用水路が完成し,畑地灌漑で農業の近代化,合理化が進められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はく‐たく【白沢】

中国の想像上の動物。牛のような体で八つの目があり、人語を解するという。有徳の王の世に現れるとされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

白沢

群馬県沼田市にある道の駅。国道120号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくたく【白沢】

中国で、有徳の王の時代に現れるという想像上の神獣。獅子の形をし、八つの目をもち、人語を解するという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白沢の関連キーワード群馬県沼田市薄根町群馬県沼田市鍛冶町群馬県沼田市栄町群馬県沼田市桜町群馬県沼田市下沼田町群馬県沼田市新町群馬県沼田市中発知町群馬県沼田市中町群馬県沼田市原町群馬県沼田市柳町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白沢の関連情報