戦災(読み)せんさい

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐さい【戦災】

〘名〙 戦争によって受けた災害。主に爆撃などによる家屋の崩壊や焼失、非戦闘員の死傷などの被害をいう。
※十五年間(1946)〈太宰治〉「れいの戦災をかうむり〈略〉五歳と二歳の子供をかかへてゐるので窮し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android