人形遣(読み)にんぎょうつかい

精選版 日本国語大辞典「人形遣」の解説

にんぎょう‐つかい ニンギャウつかひ【人形遣】

〘名〙
人形浄瑠璃の操(あやつり)人形をあやつること。また、その人。多くは黒衣を着るが、かみしもを着てあやつることもあり、これを出遣いという。人形役者。人形回し
※評判記・野郎虫(1660)上原庄太夫「此ごろは、人形(ニンギャウ)つかいの上手ありて、からくりなをしたるゆへに」
② 人形をあやつる旅芸人。くぐつまわし。傀儡師。人形まわし。
※俳諧・物種集(1678)「ふる里きられても帰けり のひたたれ人形つかひ〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android