人形遣(読み)にんぎょうつかい

精選版 日本国語大辞典「人形遣」の解説

にんぎょう‐つかい ニンギャウつかひ【人形遣】

〘名〙
① 人形浄瑠璃の操(あやつり)人形をあやつること。また、その人。多くは黒衣を着るが、かみしもを着てあやつることもあり、これを出遣いという。人形役者。人形回し。
※評判記・野郎虫(1660)上原庄太夫「此ごろは、人形(ニンギャウ)つかいの上手ありて、からくりなをしたるゆへに」
② 人形をあやつる旅芸人。くぐつまわし。傀儡師。人形まわし。
※俳諧・物種集(1678)「ふる里へ足きられても帰けり 錦のひたたれ人形つかひ〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android