久保 市三郎(読み)クボ イチサブロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和 「久保 市三郎」の解説

久保 市三郎
クボ イチサブロウ


肩書
貴院議員(多額納税),栃木県農工銀行頭取,下野新聞会長

生年月日
慶応3年7月(1867年)

出生地
武蔵国三田ケ谷村(埼玉県)

学歴
慶応義塾大学理財科〔明治26年〕卒

経歴
栃木県農工銀行頭取、下野新聞会長を歴任。明治40〜49年、昭和7〜14年貴院議員をつとめた。

没年月日
昭和31年3月1日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

20世紀日本人名事典 「久保 市三郎」の解説

久保 市三郎
クボ イチサブロウ

明治〜昭和期の実業家,政治家 栃木県農工銀行頭取;下野新聞会長;貴院議員(多額納税)。



生年
慶応3年7月(1867年)

没年
昭和31(1956)年3月1日

出生地
武蔵国三田ケ谷村(埼玉県)

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科〔明治26年〕卒

経歴
栃木県農工銀行頭取、下野新聞会長を歴任。明治40〜49年、昭和7〜14年貴院議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「久保 市三郎」の解説

久保市三郎 くぼ-いちさぶろう

1867-1956 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
慶応3年7月生まれ。慶応義塾を卒業し,日本銀行にはいる。のち福沢諭吉のすすめで栃木県真岡(もおか)町の久保家の養子となり,久下田銀行,真岡銀行などを創立。明治40年貴族院議員。栃木県中村(益子(ましこ)町)村長,栃木県教育会長などを歴任した。昭和31年3月1日死去。88歳。埼玉県出身。旧姓小沢

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android