コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保木貞幸 くぼき さだゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保木貞幸 くぼき-さだゆき

?-? 江戸時代後期の農民。
陸奥(むつ)磐前(いわさき)郡(福島県)藤間村の名主。保(てんぽう)4年(1833)の飢饉(ききん)には自家貯蔵の穀類を提供し,7年の飢饉には常陸(ひたち)(茨城県)におもむき穀類をかいつけ,村民分配。その後も義倉をおこして不測の事態にそなえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保木貞幸の関連キーワード久保貞幸農民陸奥

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android