コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久富豊 ひさとみ ゆたか

2件 の用語解説(久富豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久富豊 ひさとみ-ゆたか

くとみ-ゆたか

久富豊 くとみ-ゆたか

1844-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年萩藩による外国船砲撃事件の報をきき,江戸より帰藩し奇兵隊にくわわる。但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)で平野国臣(くにおみ)らと挙兵し(生野の変),敗れて同年10月14日自刃(じじん)。20歳。名は通融。変名は久留惣介,惣兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久富豊の関連キーワード加屋四郎楠目藤盛宍戸弥四郎田崎東野村助作堀滝太郎三橋金助森主税安田鉄吉和田小伝次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone