コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久徳伝兵衛 きゅうとく でんべえ

2件 の用語解説(久徳伝兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久徳伝兵衛 きゅうとく-でんべえ

1827-1878 幕末の武士。
文政10年生まれ。加賀金沢藩士。のちの14代藩主前田慶寧(よしやす)の近習から使番にすすみ,藩内に勤王論を説く。元治(げんじ)元年禁門の変を機に藩の勤王派は弾圧され,伝兵衛も能登(のと)島に流刑となる。赦免後は世にでずに晩年をおくった。明治11年5月20日死去。52歳。名は尚則(ひさのり)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久徳伝兵衛

没年:明治11.5.20(1878)
生年:文政10(1827)
幕末の加賀(金沢)藩士。元治1(1864)年藩世子前田慶寧の上洛に際し,その長州(萩)藩に同情する姿勢を支持。禁門の変の後,士籍を剥奪され能登に流された。明治1(1868)年復権したが,世に出ず生涯を終えた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久徳伝兵衛の関連キーワード合原猪三郎荒尾清心斎泉仙介津田耕烟土肥典膳中村平八沼田竜久松源五郎松倉恂松田五六郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone