久我美子(読み)くが よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我美子 くが-よしこ

1931- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和6年1月21日生まれ。元侯爵久我(こが)家の長女。女子学習院中等科を中退して東宝にはいり,昭和22年「四つの恋の物語」でデビュー。25年「また逢う日まで」でのガラス越しの接吻シーンが話題となる。「女の園」「挽歌」などで気品のあるヒロインを演じる。テレビドラマでも活躍。東京出身。本名は小野田美子(はるこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android