コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我美子 くが よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我美子 くが-よしこ

1931- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和6年1月21日生まれ。元侯爵久我(こが)家の長女。女子学習院中等科を中退して東宝にはいり,昭和22年「四つの恋の物語」でデビュー。25年「また逢う日まで」でのガラス越しの接吻シーンが話題となる。「女の園」「挽歌」などで気品のあるヒロインを演じる。テレビドラマでも活躍。東京出身。本名は小野田美子(はるこ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久我美子の関連キーワードビジネスマンの父より息子への30通の手紙今日もまたかくてありなんゴジラVSビオランテこの広い空のどこかに二人で歩いた幾春秋朱唇いまだ消えず長崎の歌は忘れじ続拝啓天皇陛下様時をかける少女若山 セツ子新・平家物語青春残酷物語あにいもうとあの手この手黄色いからすゼロの焦点雪夫人絵図平田 昭彦太陽とバラ悪の愉しさ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久我美子の関連情報