コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我長通 こが ながみち

2件 の用語解説(久我長通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我長通 こが-ながみち

1280-1353 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
弘安(こうあん)3年生まれ。久我通雄(みちお)の子。内大臣,右大臣をへて,暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)北朝の太政大臣となり,翌年奨学院別当,氏長者をかねた。従一位。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年8月27日死去。74歳。号は後中院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久我長通

没年:文和2/正平8.8.27(1353.9.25)
生年:弘安3(1280)
鎌倉末・南北朝期の公卿。父は太政大臣通雄,母は源仲基の娘。後中院と称される。永仁5(1297)年従三位に叙せられ,以降参議,権中納言,権大納言と進んだが,正和2(1313)年辞官。のち権大納言に復し,元徳2(1330)年内大臣となるが間もなく辞す。同年右大臣兼東宮傅となるがこれも辞す。その後,暦応3/興国1(1340)年太政大臣となり奨学院別当氏長者を兼ねた。翌年これも辞した。光厳上皇の院政下では,院の評定衆のひとりとして姿をみせており,北朝の有力公卿として中枢を担った人物であった。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久我長通の関連キーワード近衛経熙右大臣太政大臣今出川兼季久我通雄西園寺公重三条公房鷹司兼輔中院通冬源基具