コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久木独石馬 ひさき どくせきば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久木独石馬 ひさき-どくせきば

1885-1938 大正-昭和時代前期の評論家。
明治18年9月10日生まれ。常総新聞の記者などをへて,明治43年大阪毎日新聞にはいる。大正7年退社し,東京にうつって著述に専念。「雄弁」などに寄稿するとともに,幕末の水戸藩史を研究。野口雨情(うじょう)としたしかった。昭和13年10月20日死去。54歳。茨城県出身。本名は東海男(とみお)。著作に「新聞先覚評論」など。
【格言など】批評は人生の一大事業なり(座右銘)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久木独石馬の関連キーワード歴史小説バッジ亡命文学珪藻土ホロコースト直木賞東欧演劇近衛声明石川達三航研機