コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久流留 くるる

世界大百科事典 第2版の解説

くるる【久流留】

俳諧論書。山本西武(さいむ)著。1650年(慶安3)刊。俳諧に用いることばをいろは順に並べ,去嫌(さりきらい)について記した作法書。和漢連歌の式目を基準とし,貞徳からの聞書を交えて成った。1644年に成った貞徳の《天水抄》に,〈くろゝとて一巻あり。丸門弟これにて万事その沙汰すべし〉とあるから本書の成立は早く,貞徳の《御傘(ごさん)》成立以前は,これが貞門の正式目として用いられていたことがわかる。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久流留の関連キーワード山本西武

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android