コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久流留 くるる

1件 の用語解説(久流留の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くるる【久流留】

俳諧論書。山本西武(さいむ)著。1650年(慶安3)刊。俳諧に用いることばいろは順に並べ,去嫌(さりきらい)について記した作法書。和漢連歌の式目を基準とし,貞徳からの聞書を交えて成った。1644年に成った貞徳の《天水抄》に,〈くろゝとて一巻あり。丸門弟これにて万事その沙汰すべし〉とあるから本書の成立は早く,貞徳の《御傘(ごさん)》成立以前は,これが貞門の正式目として用いられていたことがわかる。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久流留の関連キーワード中島随流坂上松春山本西武油糟新増犬筑波集七俳仙誹諧初学抄近来俳諧風体抄西武出口貞木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone