コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去嫌 さりきらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

去嫌
さりきらい

連歌,俳諧の用語。連歌連句において,同字や同語または類似の語を用いる場合,一定の句数をへだてなくてはならないという規定。たとえば俳諧では,「岩船」の語を含む句と「舟」の語を含む句との間は5句以上へだてなくてはならない。これを「5句嫌う」「5句去る」という。同様に「家」と「家」とは同じ懐紙の同じ折 (表裏1枚2ページ) に使わない。これを「折を嫌う」という。そのほか「面 (おもて) を嫌う」「月渡しを嫌う」などというのもある。連歌や連句は変化を尊び単調反復を忌むから,連歌以来式目の根本をなすものとして重要視された。連句では,連歌の一部である和漢連句の規定を踏襲した。和漢連句の去嫌の規定は連歌に比べるとゆるやかだから,連句のそれも連歌に比べると緩和されたものになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さりきらい【去嫌】

連歌・俳諧用語。変化を生命とする連句文芸の心得として,一巻の連句において同季・同字,または同種・類似の語が頻出しないように設けられた規定。その規定を犯してAの語とBの語が近接して用いられることを〈差合(さしあい)〉という。去嫌は差合を避けるための規定で,用いるなら少なくとも三句隔てよという場合には〈AにBは三句去る〉,同じ懐紙のうちには用いるなという場合には〈AにBは折(おり)を嫌う〉などという。付合(つけあい)【白石 悌三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の去嫌の言及

【連歌】より

…14世紀以後はほとんどこの形式である。第2に〈去嫌(さりきらい)〉がある。これは百韻という句の流れの中で,語彙や句材が適当に配置され,美的な構成を保つよう工夫された約束事で,連歌式目の主要部分を占める。…

※「去嫌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

去嫌の関連キーワード里村紹巴応安新式毛吹草久流留蕉風御傘

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android