コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留島通清 くるしま みちきよ

1件 の用語解説(久留島通清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久留島通清 くるしま-みちきよ

1629-1700 江戸時代前期の大名。
寛永6年生まれ。久留島通春(みちはる)の長男。明暦元年豊後(ぶんご)(大分県)森藩主久留島家3代となる。弟通貞(みちさだ),通迥(みちとお)に計1500石を分与。先代の側近をしりぞけ,藩主の権限をつよめた。元禄(げんろく)13年9月29日死去。72歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久留島通清の関連キーワード明正天皇女歌舞伎後楽園後楽園カルロス[2世]キャラコ禁止法インド史浮世草子農書(農業に関する書物)アルジェリアの要覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone