コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城の神 カツラギノカミ

デジタル大辞泉の解説

かつらぎ‐の‐かみ【葛城の神】

大和葛城山に住むとされる神。一言主神(ひとことぬしのかみ)をいう。役(えん)の行者の命令で葛城山と金峰山(きんぶせん)との間に岩橋を架けることになったが、容貌(ようぼう)の醜いのを恥じ、夜しか働かなかったので完成しなかったという伝説から、物事が成就しないときや、顔の醜い人などの例に引かれる。→久米の岩橋
「つたなや蔦(つた)の葉の―姿、恥づかしや由なや」〈謡・定家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かずらきのかみ【葛城の神】

かつらぎのかみ【葛城の神】

今の奈良県にある葛城坐一言主かずらぎにますひとことぬし神社の祭神である一言主と同一視される神。昔、役小角えんのおづのが諸鬼神に命じて、葛城山から吉野の金峯山きんぷせんへの久米路に石橋を渡させようとしたが、この神は容貌の醜いことを恥じて、夜間だけ出て働いたので、工事は完成しなかったという。この故事から、歌や物語などに、恋や物事の成就しない場合や醜い顔を恥じたりする場合に引用されることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葛城の神の関連キーワード嶮し・険し賢しら奈良県故事祭神

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android