役の行者(読み)エンノギョウジャ

  • えんのぎょうじゃ〔ギヤウジヤ〕

デジタル大辞泉の解説

奈良時代の山岳修行者。修験道。大和国葛城山で修行し、吉野の金峰山(きんぶせん)大峰山などに霊場を開いた。仏教に通じ、祈祷(きとう)・呪術などをよくしたが、文武天皇のとき、讒言(ざんげん)によって一時伊豆に流された。生没年未詳。役の優婆塞(うばそく)。役の小角(しょうかく・おづの)。神変大菩薩(しんぺんだいぼさつ)。
坪内逍遥(つぼうちしょうよう)戯曲。3幕。大正5年(1916)発表。役の行者がさまざまな危機に打ち勝ち、悟りを開く物語。大正15年(1926)3月に築地小劇場初演

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪内逍遙(しょうよう)作の戯曲。三幕六場。1916年(大正5)9月『女魔神(おんなまじん)』と題して発表、翌年5月改訂して『役の行者』の題で刊行。ほかに、実演用に加筆した『行者と女魔』(1922)、映画向き絵巻物語『神変大菩薩伝(じんぺんだいぼさつでん)』(1932)がある。大和(やまと)国(奈良県)大峰(おおみね)山中に修行する役の行者は葛城山(かつらぎさん)の魔神一言主(ひとことぬし)を大クスノキのまたに呪縛(じゅばく)して旅に出る。弟子広足(ひろたり)は師の禁に背いて魔神に近づき、その魔力により心が動揺し、さらに一言主の母の魔女に誘惑されて行者のもとを去る。魔女はなおも美女の姿に変じ、帰山した行者を誘惑するが、行者は厳然と退ける。おりから朝廷から討手がかかり、自分のために老母の命が危ないのにも心を動かさず、ついに信念と行力によって大岩石を打ち砕いて金剛蔵王(こんごうざおう)の像を残し、白雲と化して去る。当時の自然主義に対する逍遙の批判と信念を具体化した作。1926年3月築地(つきじ)小劇場初の創作劇として小山内薫(おさないかおる)演出により上演された。

[菊池 明]

『『現代日本戯曲選集4』(1955・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android