乗り掛かった船(読み)のりかかったふね

ことわざを知る辞典「乗り掛かった船」の解説

乗り掛かった船

物事を始めたからには、行くところまで行ってみようとすることのたとえ。また、いったんかかわりを持った以上、途中で身をひくことはできないというたとえ。

[使用例] 今更それより仕方がない。どの道、多少の冒険はお互いに覚悟の前、無理を承知で乗りかかったなのだ[山手樹一郎*桃太郎侍|1948]

〔異形〕乗り掛けた船/乗り出した船

〔英語〕In for a penny, in for a pound.(ペニーにかかわったら、ポンドにもかかわれ)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「乗り掛かった船」の解説

乗(の)り掛(か)かった船(ふね)

《乗ってを離れた船からは下船できないところから》物事を始めてしまった以上、中途でやめるわけにはいかないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android