コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍高原温泉 のりくらこうげんおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗鞍高原温泉
のりくらこうげんおんせん

長野県西部,松本市西部にある温泉。乗鞍岳東麓の標高 1400m前後の高原に宿が点在する。泉質硫黄泉泉温は 48℃。白濁した湯で,皮膚病糖尿病などに効能があるといわれる。林に囲まれた閑静な環境から静養に向くが,乗鞍岳や北部の白骨温泉上高地へ道路が通じているため,観光ルートの宿泊基地として利用される。また,冬には乗鞍高原スキー場が開設され,多くのスキー客を集める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android