コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍岳 のりくらだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗鞍岳
のりくらだけ

飛騨山脈に属し,長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる火山活火山で,常時観測火山乗鞍火山帯の主峰。北から烏帽子岳,大丹生岳,恵比須岳,富士見岳をはじめとする諸火山の総称で,最高峰剣ヶ峰(3026m)。山名はなだらか火口丘が連続し鞍の形に似ていることに由来するといわれる。旧火口は権現池,亀ヶ池などの湖になっている。山頂付近に自然科学研究機構の観測所(国立天文台コロナ観測所から移管)と東京大学宇宙線研究所の観測所がある。東方には雄大な乗鞍高原が展開し,国民休暇村ホテルなどがあり,位ヶ原では 7月にスキーができる。長野,岐阜両県側から標高 2700mの鶴ヶ池まで自動車道があり,東麓には温泉も多い。中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のりくら‐だけ【乗鞍岳】

岐阜・長野両県にまたがる飛騨山脈南部の火山。標高3026メートルの剣(けん)ヶ峰を最高峰に、摩利支天岳・富士見岳・恵比須岳などからなる。コロナ観測所・宇宙線研究所などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

乗鞍岳【のりくらだけ】

長野・岐阜県境,飛騨山脈の南部にある山。安山岩からなる複式成層火山で,最高峰の剣ヶ峰(3026m)のほか,十石(じっこく)岳,四ッ岳,大丹生(おおにゆう)岳,恵比須岳,富士見岳,摩利支天岳などの火口丘が南北に連なっており,火口湖も多い。
→関連項目安房峠日本百名山野麦峠乗鞍火山帯飛騨川松本[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のりくらだけ【乗鞍岳】

長野・岐阜県境北部,飛驒山脈の南端に位置する火山群。北から十石山,烏帽子(えぼし)岳,鶴ヶ池,摩利支天,一ノ池,高天原(たかまがはら)の六つの安山岩質火山が並び,それらの間に,最高峰である一ノ池火山火口壁の剣ヶ峰(3026m)をはじめ,四ッ岳(2745m),大丹生(おおにゆう)岳(2701m),恵比須岳(2823m),里見岳(2824m)など22の峰が連なり,比較的起伏の緩やかな山頂部を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(岐阜県)〕乗鞍岳(のりくらだけ)


長野・岐阜県境、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の南に噴出した乗鞍火山群の総称。最高峰の剣ヶ峰(けんがみね)(標高3026m)や大丹生(おおにゅうが)岳・恵比須(えびす)岳などの火山が複合した雄大な山容を誇り、山頂付近には権現(ごんげん)池などの火口湖がある。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に含まれる。ライチョウ・カモシカ・スズランなど、高山帯・亜高山帯の動植物が豊富。岐阜県の平湯(ひらゆ)峠から畳平(たたみだいら)まで乗鞍スカイラインが通じ、山頂付近では夏スキーもできる。宇宙線観測所などの研究施設がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗鞍岳
のりくらだけ

長野・岐阜県境にある北アルプス南端の山。南北に連なる大丹生岳(おおにゅうがたけ)、烏帽子(えぼし)岳、恵比須(えびす)岳、富士見岳、最高峰の剣ヶ峰(けんがみね)(3026メートル)、摩利支天(まりしてん)岳などの総称で、全体としてはコニーデ型の成層火山である。山名は山容がなだらかで、馬の鞍に似ているところからつけられたとされる。山頂部には権現(ごんげん)池や鶴(つる)ヶ池などの火口湖と、五ノ池、亀(かめ)ヶ池などの火山堰止(せきとめ)湖がある。火山活動は大丹生岳に始まり順次南へ移り、剣ヶ峰をつくる一ノ池火山は7回もの溶岩を噴出している。岐阜県側からは平湯(ひらゆ)峠から乗鞍スカイラインが通じ、恵比須岳直下の畳平(たたみだいら)(2700メートル)に到達する。長野県側では、乗鞍高原から位ヶ原(くらいがはら)を経て畳平に至るエコーライン(県道84号)がある。ともにマイカー規制により一般車両は通行できない。摩利支天岳山頂には自然科学研究機構の乗鞍観測所などの学術施設がある。乗鞍岳は平安時代から山岳信仰の対象になり、山伏の修験(しゅげん)道場であった。乗鞍岳の別名を位山(くらいやま)というが、神の宿る岩座(いわくら)からきたものであろう。剣ヶ峰には長野県側に乗鞍権現、岐阜県側に御嶽神社が鎮座する。中央道松本インターチェンジから国道158号、県道84号で乗鞍高原へ約60分。乗鞍高原観光センターからシャトルバスで畳平まで約50分。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乗鞍岳の関連情報