コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙仲業者 おつなかぎょうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙仲業者
おつなかぎょうしゃ

海運組合法の制定 (1939) 以来用いられた乙種海運仲立業者の略称。海運組合法によって海運業者は甲種および乙種に分けられ,前者船舶ブローカー,後者は船積みブローカーをさしていった。その後船舶統制の影響を受けて前者は消滅,後者だけが残った。 1947年海運組合法が廃止されたのちも「乙仲」の略称が海運関係者間で使用されており,その業務内容,規模はまちまちながら,荷主の委託のもとに,主として輸出業者のために船積み,陸揚げに関する実務の代行などをするほか,海運の個品雑貨の取扱いや混載業,あるいは通関業務の代行などを兼営している。しかしコンテナ貨物の増加などによって,乙仲業務は減少傾向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

乙仲業者の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android