コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙支文徳 おつしぶんとくǓl‐chi Mun‐dŏk

世界大百科事典 第2版の解説

おつしぶんとく【乙支文徳 Ǔl‐chi Mun‐dŏk】

朝鮮,高句麗の6世紀末の武将。生没年不詳。戦術はもとより詩文にも優れた。《隋書》によれば,煬帝(ようだい)が遠征軍を高句麗に派遣するや,文徳は偽って身を隋軍に投じて軍勢をさぐった。実戦においても,隋軍をあざむき大いにこれを敗走せしめ,初め30万5000の隋軍は,遼東に帰還した者わずかに2700であったという。朝鮮では救国の英雄として今もたたえられている。【浜田 耕策】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙支文徳
いつしぶんとく

生没年不詳。6世紀末から7世紀初めの高句麗(こうくり)の将軍。戦術はもちろんのこと、詩文にも優れた才能を発揮した。『隋書(ずいしょ)』によれば、隋の煬帝(ようだい)が宇文述(うぶんじゅつ)、于仲文(うちゅうぶん)を将軍とする高句麗遠征軍を送る(612)と、文徳は初め身を偽って隋軍に投じて軍勢を探り、実戦においては隋軍を欺き、高句麗の危機を救った。そのため初め30万5000人の隋軍も、遼東(りょうとう)に帰還できた者はわずかに2700人であったという。今日でも救国の英雄とたたえられている。[浜田耕策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乙支文徳の関連キーワード清川江

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android