コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙支文徳 おつしぶんとく Ǔl‐chi Mun‐dŏk

2件 の用語解説(乙支文徳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おつしぶんとく【乙支文徳 Ǔl‐chi Mun‐dŏk】

朝鮮,高句麗の6世紀末の武将。生没年不詳。戦術はもとより詩文にも優れた。《隋書》によれば,煬帝(ようだい)が遠征軍を高句麗に派遣するや,文徳は偽って身を隋軍に投じて軍勢をさぐった。実戦においても,隋軍をあざむき大いにこれを敗走せしめ,初め30万5000の隋軍は,遼東に帰還した者わずかに2700であったという。朝鮮では救国の英雄として今もたたえられている。【浜田 耕策】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙支文徳
いつしぶんとく

生没年不詳。6世紀末から7世紀初めの高句麗(こうくり)の将軍。戦術はもちろんのこと、詩文にも優れた才能を発揮した。『隋書(ずいしょ)』によれば、隋の煬帝(ようだい)が宇文述(うぶんじゅつ)、于仲文(うちゅうぶん)を将軍とする高句麗遠征軍を送る(612)と、文徳は初め身を偽って隋軍に投じて軍勢を探り、実戦においては隋軍を欺き、高句麗の危機を救った。そのため初め30万5000人の隋軍も、遼東(りょうとう)に帰還できた者はわずかに2700人であったという。今日でも救国の英雄とたたえられている。[浜田耕策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙支文徳の関連キーワード三国史記東夷高句麗もくり遁げる雪村蒙古高句麗玄菟郡美女媛道顕(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone