コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九如館鈍永 きゅうじょかんどんえい

美術人名辞典の解説

九如館鈍永

狂歌師・京都仁和寺家の士。通称芦田讃岐。自然軒鈍全に師事する。木室卯雲栗柯亭木端等と親交があり、その門人に得閑斎繁雄・麦里房貞也・中井吐虹等がいる。著書に『狂歌読方老の胡馬』がある。明和4年(1767)歿、45才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九如館鈍永 きゅうじょかん-どんえい

1723-1767 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)8年生まれ。京都仁和(にんな)寺の寺侍中川貞佐(ていさ)に俳諧(はいかい)をまなぶが,師のすすめで狂歌に転じ,自然軒鈍全(じねんけん-どんぜん)に師事。編著「狂歌老の胡馬」で即興頓才を主張。初代得閑斎をはじめおおくの門人がいる。明和4年8月9日死去。45歳。姓は蘆田。通称は讃岐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九如館鈍永の言及

【狂歌】より

…大坂御堂前の菓子屋永田貞柳は,一族ことごとく狂歌をたしなみ,通俗的な作風で人気を博し門弟三千と称し,大坂の栗柯亭木端(りつかていぼくたん),一本亭芙蓉花(いつぽんていふようか),混沌軒国丸(こんとんけんくにまる),広島の芥川貞佐,名古屋の秋園斎米都,永田庵其律,江州八幡の千賀,京都の篠田栗彙ら皆貞柳の流れをくむ人々である。このころ京都には公家の風水軒白玉(正親町公通(おおぎまちきんみち))や自然軒鈍全,九如館鈍永がいた。近世後期には,中心が江戸へ移る。…

※「九如館鈍永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九如館鈍永の関連キーワード得閑斎(初代)都扇舎知州狂歌師享保鈍永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android