コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九戸政実の乱 くのへまさざねのらん

世界大百科事典 第2版の解説

くのへまさざねのらん【九戸政実の乱】

16世紀末陸奥国に起きた争乱。1591年(天正19)3月,三戸城主南部信直の一族九戸政実が櫛引清長らとともに反した。上洛した信直の報告に接した豊臣秀吉は,豊臣秀次・徳川家康を総大将,浅野長政を軍監として蒲生氏郷・伊達政宗・石田三成以下を派遣した。奥羽諸軍を加え6万ともいう大軍に包囲された政実は,誘降の謀計にかかり9月4日降伏したが,城兵5000はなで斬りにされ,政実らは護送の途中斬罪とされた。これより先1580年南部晴政の跡を信直が継いで以来,信直と政実は緊張関係にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

九戸政実の乱の関連キーワード二戸[市]松前慶広九戸城盛岡藩

九戸政実の乱の関連情報