コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九江慈淵 きゅうこう じえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九江慈淵 きゅうこう-じえん

1463-1525 戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)4年生まれ。周防(すおう)(山口県)の人。同国の曹洞宗(そうとうしゅう)妙喜寺の西湖良景にまなび,その法をつぐ。のち師の跡をついで妙喜寺の住持となり,永正(えいしょう)8年顕孝院をひらく。13年闢雲寺(のち泰雲寺)にうつり,大永(たいえい)元年法明院にしりぞいた。大永5年2月2日死去。63歳。俗姓は深野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

九江慈淵の関連キーワード戦国時代規川宗策寛正