コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六輪一露之記 ろくりんいちろのき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六輪一露之記
ろくりんいちろのき

能楽論。金春禅竹作。康正1 (1455) 年成立か。世阿弥能楽論を受継いで,禅の教理で解釈しようとした禅竹の考えを代表的に示すもの。能の進化の過程を無に始って無に終ると図解している。この案に,東大寺志玉一条兼良が注を,五山僧で還俗した南江宗 沅が跋を書いている。作者自身の注ものちに加えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくりんいちろのき【六輪一露之記】

能楽論書。大和猿楽の金春(こんぱる)座中興の名手,金春禅竹(ぜんちく)の代表的著述の一つ。内容は,禅竹自身の六輪一露の説に,南都戒壇院の普一国師志玉(1379‐1463)が仏教の教理で,関白一条兼良(いちじようかねら)(1402‐81)が儒学,とりわけ宋学の立場からそれぞれ理論づけした加注を添え,さらに臨済宗の僧で後に還俗した南江宗沅(なんこうそうげん)(1356‐1463)の跋文を付して一書に編んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六輪一露之記の関連キーワード無文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android