九等戸(読み)きゅうとうこ

精選版 日本国語大辞典「九等戸」の解説

きゅうとう‐こ キウトウ‥【九等戸】

〘名〙 令制の義倉(ぎそう)制度で、穀物の徴収基準として、百姓、雑戸、品部などをその課口の多少で上上戸、上中戸、上下戸、中上戸、中中戸、中下戸、下上戸、下中戸、下下戸の九等級に分けたもの。等級によりなどを納めさせた。
続日本紀‐養老元年(717)一一月甲辰「又九等戸以賤多少表、准財為定矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android