コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課口 かこう

4件 の用語解説(課口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

課口
かこう

課丁ともいう。令制の税制上,課役負担能力をもつもの。皇親など負担義務のないものを不課口といった。課口は男子で,これには正丁 (21~60歳) ,老丁 (61~65歳) ,残疾 (身体障害者,病人) ,中男 (17~20歳) があり,老丁と残疾を次丁といい,正丁は調,庸,雑徭 (ぞうよう) ,調の副物の全部を負担し,次丁は調,庸,雑徭を正丁の半分,中男は調,雑徭を4分の1負担した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐こう〔クワ‐〕【課口】

律令制で、調(ちょう)庸(よう)雑徭(ぞうよう)を負担する者。17歳以上の男子で、正丁(せいてい)老丁中男(ちゅうなん)残疾(ざんしつ)の4種がある。課丁(かてい・かちょう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこう【課口】

律令制で、庸よう・調ちよう・雑徭ざつようなどの課役負担の義務を負った男子。少丁(中男ちゆうなん)・正丁せいてい・次丁(老丁ろうていと残疾ざんしつ)の区別があり、それぞれ課役負担が異なる。課丁。 → 中男正丁老丁残疾

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

課口
かこう

律令制(りつりょうせい)下において、課役(かえき)負担の義務をもった者。課丁ともいい、課役を負担しない者を不課口(ふかこう)という。戸籍(こせき)、計帳(けいちょう)に戸口名を列挙するが、その戸口が課役の負担義務を有する課口か、そうでない不課口であるか、戸内における課口数、不課口数を記している。課口は、大宝令(たいほうりょう)によると正丁(せいてい)(21~60歳)、老丁(61~65歳)、少丁のち中男(ちゅうなん)(17~20歳)および残疾(障害または罹病(りびょう)の男子)の4種の総称で、老丁、残疾を正丁に対して次丁(じてい)という。次丁は正丁の課役の半分を、中男は調(ちょう)、雑徭(ぞうよう)を次丁の半分負担した。ただし京畿(けいき)内の正丁は庸(よう)を免除、調は諸国正丁の半分とした。このため、のち畿外から畿内へ移住を願う者が続出した。757年(天平宝字1)中男、正丁の年齢を各1年引き上げ、翌年老丁の年齢を1年引き下げて負担を軽減した。
 なお不課口は、前記の課口以外の男子やすべての女子、三位(さんみ)以上の父祖、兄弟、子孫、五位以上の父子、勲八等以上、舎人(とねり)・史生(ししょう)など、特定の官職・身分を得て課役を免除される者もある。課役を忌避するため、戸籍、計帳に課口を不課口と偽ることが行われ、9世紀なかば以降、課口1に対し不課口10という戸籍などが提出されたというが、実際に902年(延喜2)の年紀をもつ阿波(あわ)国戸籍はそれを裏づけている。[米田雄介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の課口の言及

【課戸】より

…中国,隋・唐時代の律令制下において,課役(かえき)を負担する者を課口,負担せぬ者を不課口と定めたが,1人でも課口のいる家を課戸と呼び,公課徴収の対象として重視された。当代は官人や商人,僧侶道士,賤民はみな不課とされたので,農民を主体とする障害のない男子正丁(21~59歳,時代により若干変動)のいる戸に限られた。…

【蠲免】より

…古代の律令制において,課役(かえき)を免除すること。律令では課役の全部もしくは一部を負担するものを課口(課丁(かてい))とよんだ。課口は一般には良民の成年男子(17歳以上65歳以下)であったが,そのなかでも,皇親と八位以上の者,五位以上の者の子(蔭子(おんし)),中度以上の身体障害者(廃疾(はいしつ)・篤疾(とくしつ))は課役を負担しない不課口とされた。…

※「課口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

課口の関連キーワード主帥令制例損内つ臣散事律令制軍事組織律令制司法制度律令制社会律令制土地制度律令制身分制度

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone