コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑戸 ざっこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑戸
ざっこ

律令時代,大蔵省兵部省造兵司,中務省図書寮などのような特定の,寮に属し,手工業などの技術的業務に従事した集団。百済戸,鍛戸(かぬちこ),筥戸(はここ),馬甘(うまかい),甲作(よろいつくり),靫作(ゆぎつくり),矢作,弓削(ゆげ)などのあったことが知られ,渡来人系の者も多く含まれていた。おもに畿内に居住し,1年のうち一定期間所属の官司に上番するか,特定の手工業品を貢納し,課役のすべてまたは一を免除された。身分的には良民に準じたが,奈良時代の最盛期以来,良民への解放が行なわれ,平安時代にはその種類も減少し,残った雑戸も農民と変わらないものとなった。(→律令制

雑戸
ぞうこ

雑戸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雑戸【ざっこ】

〈ぞうこ〉とも読む。律令制度で諸官庁に世襲的に隷属した下級技術者。身分は,唐では賤民(せんみん),日本では良民の最下層で渡来人が多い。大和朝廷時代の品部(しなべ)のうち,武器製作・皮革加工・牧畜などの技術をもち,官庁の工房や牧場に交代で勤務したものが,大化改新後もその重要性のゆえに解放されず,唐にならって雑戸と呼ばれ,婚姻・職業・裁判などで身分上の差別をされた。《令集解(りょうのしゅうげ)》によると総戸数1603。744年全雑戸の解放が行われたが,これは聖武天皇の大仏造立(ぞうりゅう)にかかわるとみられる。
→関連項目官戸伴造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざっこ【雑戸】

大化前代の職業部のうち,その技術の軍事的重要性のゆえに解放されず,令制諸官司に強力に掌握された集団。大蔵省・内蔵寮百済手部(くだらてべ)・百済戸,造兵司雑工戸(鍛戸(かぬちべ)・甲作(よろいつくり)・靱作(ゆぎつくり)・弓削(ゆげ)・矢作(やはぎ)・鞆張(ともはり)・羽結(はゆい)・桙刋(削)(ほこけずり)),典鋳司雑工戸,鍛冶司鍛戸,筥陶司筥戸(はこべ),左右馬寮飼丁および所属不明の鞍作(くらつくり)等からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざっこ【雑戸】

律令制下、諸官司に属して、鍛冶かじ・武器製造・馬飼などの特殊技術で奉仕し、代わりに課役の一部または全部を免除された者。渡来人系統の者が多かった。ぞうこ。

ぞうこ【雑戸】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雑戸の言及

【賤民】より

…官戸,公奴婢,家人,私奴婢は,一般に手工業や農業に従事する労働奴隷ではなく,それらの補助的労働や雑役に従事する家内奴隷であった。手工業部民の一部は律令制では賤民に準ずる身分の雑戸(ざつこ)に編成されたが,8世紀半ば以降解放されていった。賤民は同身分間での婚姻しか認められず,良民との通婚も禁止された。…

※「雑戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雑戸の関連キーワード奈良時代(年表)公地公民大化前代唱門師鞍作部職員令鍛冶部矢作部馬飼部弓削部馬飼陶部留住狛部穫丁伴部雑色

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android