コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九華山 きゅうかざん

1件 の用語解説(九華山の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九華山
きゅうかざん / チウコンシャン

中国、安徽(あんき/アンホイ)省青陽県の南西にある地蔵菩薩(じぞうぼさつ)の霊場。観音(かんのん)の普陀洛山(ふだらくさん)、普賢(ふげん)の峨眉山(がびさん)、文殊(もんじゅ)の五台山(ごだいさん)とともに四大名山の一つとされる。古くは九子山(きゅうしざん)といわれたが、唐代の詩人の李白(りはく)によって九華山と改称された。そのため山中に李白書堂の基址(きし)があったという。九つの峰がそびえ立ち、奇岩、怪石、渓流の奇勝に恵まれている。山麓(さんろく)には化城(けじょう)寺、祇園(ぎおん)寺、九子寺などがあり、地蔵信仰の霊場として参拝者が多い。また明(みん)の王陽明(おうようめい)(王守仁(おうしゅじん))が「致良知(ちりょうち)」の理を悟得した所としても有名である。[鎌田茂雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の九華山の言及

【巡礼】より

… 宋代以後の近世社会になると,庶民の経済水準の向上につれて,各地の霊山への巡礼はますます盛んとなった。日本の入唐僧慧萼にまつわる開基縁起をもつ浙江省舟山群島の普陀山が観音菩薩の霊場として聞こえ,文殊信仰の五台山,普賢菩薩をまつる四川省の峨眉(がび)山とともに天下の三大道場と称され,地蔵菩薩信仰の総本山たる安徽省の九華山を加えて四大名山と呼ばれるにいたった。そして九華山などで,巡礼者は寺の発行する路引つまり浄土へのパスポートをもらって帰ったのであった。…

※「九華山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone