コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼隆度 くき たかのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鬼隆度 くき-たかのり

1800-1853 江戸時代後期の大名。
寛政12年8月10日生まれ。九鬼隆郷(たかさと)の子。九鬼隆都(たかひろ)の兄。文化5年丹波綾部(あやべ)藩(京都府)藩主九鬼家8代となる。鹿都部真顔(しかつべの-まがお)に狂歌をまなび,2代歌垣綾麿(うたがき-あやまろ)をついで判者となった。嘉永(かえい)6年4月23日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

九鬼隆度の関連キーワードインド哲学徳川家慶定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトントレビシック

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android