コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱取 らんどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱取
らんどり

柔道練習法の一つ。形 (→柔道の形 ) のように一定の順序方法を決めず,相手を傷つけない限度で自由に技を競う。乱取と形は互いに補いあって練習の効果をあげるが,主となる乱取は,心技体を練成して臨機応変の力を養い,勝負の方法を身につける練習方式である。嘉納治五郎柔道を創始したとき,体育・勝負・修心を同時に修められる仕方に重点をおいて以来,練習法の中心となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

乱取の関連キーワード横浜市立奈良中学校柔道部の事故国後・目梨の戦い横山作次郎天神真楊流磯貝 一高橋和志当て身当身技合気道投技固技