コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養い ヤシナイ

デジタル大辞泉の解説

やしない〔やしなひ〕【養い】

やしなうこと。育てること。養育。
栄養となるもの。栄養物。滋養分。また、植物の肥料。
「竹が熟した時に―が十分でないから軽い竹になるのです」〈露伴・幻談〉
一家が暮らしていくためにかかる費用。また、子供にかかる養育費。
お布施。
「三十三番の巡礼に―と宣ふか」〈浄・文武五人男〉
養い子」の略。
「忠盛取りて―にせよ」〈平家・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やしない【養い】

やしなうこと。育てること。養育。 「 -の親」
養生。療養すること。 「病後の-」 「からだの-にうしをくひにきたると見へ/安愚楽鍋 魯文
「やしない子」の略。養子。 「ただもりとりて-にせよ/平家 6
養育費。扶養料。
肥料・栄養など、養分となるものを与えること。また、その物。 「冬のかこひを能くして春-をすれば/甲陽軍鑑 品五
食事。 「昼の-せんとて藪の中に入るを/今昔 29

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

養いの関連情報