コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳腺結核 にゅうせんけっかく

1件 の用語解説(乳腺結核の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうせんけっかく【乳腺結核】

 乳腺結核はまれな病気です。よく発症する年齢は30~50歳で、とくに妊娠中や授乳中にかかりやすいといわれています。乳腺のみに病巣(びょうそう)が生じるものと、肺結核など、ほかの臓器の結核から由来するものとがあります。
 症状としては、痛みをともなわない乳房のしこりがありますが、かなり進行すると痛みが出てきます。また、しこりが浅いところにある場合には、進行すると自然に破れて排膿(はいのう)し、そのあとに瘻孔(ろうこう)をつくります。乳腺の深いところにできたときには、冷膿瘍(れいのうよう)(結核性膿瘍)をつくります。
 乳腺結核のしこりは、触れただけでは、乳がんやその他の乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)とまちがえることが多いので、注意を要します。
 治療は、抗結核薬の使用が基本ですが、必要に応じて、一時的には切開(せっかい)、場合によっては病巣を切除する手術が行なわれることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳腺結核の関連キーワード腸結核乳腺症発症乳腺外科家族性のブーダンの法則ルイの法則慢性閉塞性肺疾患(COPD)石綿による病気犬・猫からうつる病気

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone