コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗結核薬 こうけっかくやく

3件 の用語解説(抗結核薬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

抗結核薬【こうけっかくやく】

結核菌の生長を抑制し破壊する化学療法薬。PAS(パス),イソニアジド抗生物質ストレプトマイシンサイクロセリンリファンピシンなどがあり,併用することが治療の原則である。
→関連項目イソニアジド化学療法結核小児結核粟粒結核腸結核皮膚結核

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

こうけっかく‐やく〔カウケツカク‐〕【抗結核薬】

結核化学療法に用いられる薬剤。主に結核菌が分裂する際に殺菌効果を示す。リファンピシンイソニアジドピラジナミドストレプトマイシンエタンブトールカナマイシンサイクロセリンなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抗結核薬
こうけっかくやく
antitubercular drugs

結核の治療に用いられる薬。リファンピシンrifampicinとイソニアジドisoniazidが主流である。1944年にアメリカ微生物学者ワックスマンが抗生物質のストレプトマイシンstreptomycinを発見して以来、結核の治療薬の開発が相次ぎ、死亡率が激減した。ストレプトマイシンに次いで開発された合成薬品のパス(PASパラアミノサリチル酸)、イソニアジドとの三者併用療法が結核の治療の原則であったが、いずれも耐性菌の発生をみたため、抗生物質と合成薬品の新たな組合せが用いられるようになった。抗生物質としては古くはカナマイシン、サイクロセリンが、新しくはストレプトマイシン耐性菌に有効なカプレオマイシン、エンビオマイシン、さらにリファンピシンが内服でよく用いられるようになった。また、合成抗結核薬としてはパラアミノサリチル酸カルシウム、イソニアジド、エチオナミドピラジナミドエタンブトールがあり、サルファ剤も一時使用されたことがある。なお、ストレプトマイシンやカナマイシンなどアミノ糖系抗生物質は副作用として難聴が現れ、エタンブトールには視力障害がみられる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗結核薬の関連キーワードイソニアジド化学療法抗結核剤腸結核肺結核理学療法人工気胸スルファミン剤カタボライトリプレッション精神科学療法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抗結核薬の関連情報