コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾姜 かんきょう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かんきょう【乾姜】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ショウガ科ショウガ根茎(こんけい)を湯通しするか、蒸してから乾燥したもの。芳香性の精油を含み、血液の循環促進、健胃解熱鎮痛などの作用がある。急性胃炎消化不良に効く黄連湯(おうれんとう)更年期障害貧血に効く柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

乾姜の関連キーワードジンジャー(香辛料)半夏白朮天麻湯半夏瀉心湯桂枝人参湯苓姜朮甘湯大防風湯大建中湯小青竜湯当帰湯人参湯五積散乾生姜続命湯屠蘇散

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android