コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾姜 かんきょう

1件 の用語解説(乾姜の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かんきょう【乾姜】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ショウガ科ショウガ根茎(こんけい)を湯通しするか、蒸してから乾燥したもの。芳香性の精油を含み、血液の循環促進、健胃解熱鎮痛などの作用がある。急性胃炎消化不良に効く黄連湯(おうれんとう)更年期障害貧血に効く柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乾姜の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乾姜の関連情報