乾鮭(読み)カラザケ

大辞林 第三版の解説

からざけ【乾鮭】

サケの腹を裂いて内臓を除き、塩をふらずに陰干しにしたもの。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐ざけ【乾鮭】

〘名〙
塩引鮭を一晩冷たい流水に浸し、陰干しにしたもの。北国の特産。寒塩引。《季・冬》
※今昔(1120頃か)二八「枯鮭(からざけ)を大刀に帯(は)けて」
② (その形状から) 首をつって死ぬことのたとえ。
浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)上「からざけにならふが、〈略〉一文もかねはない」
③ 老婆をあざけっていう語。しわくちゃばばあ。
※雑俳・田刈笠(1756)「それはその・干鮭に鰭有る隠居」
④ 人をののしっていう語。とるにたりない人間ども。
※浄瑠璃・摂州渡辺橋供養(1748)五「数にもたりない(カラザケ)めら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乾鮭の言及

【サケ(鮭)】より

…《本朝食鑑》が書かれた時代には,楚割鮭はもうなかったらしく,これは昔あったもので塩引の類かと推測している。同書はまた乾鮭(からさけ),鮞(はららご∥はらら)といったものの製法についても記載している。乾鮭は《宇治拾遺物語》巻十二の聖宝(しようぼう)僧正の逸話その他に見えるが,内臓を除いてそのまま干し上げたものだという。…

※「乾鮭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android