コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井半二 かめい はんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井半二 かめい-はんじ

1801-1851 江戸時代後期の陶画工。
享和元年生まれ。尾張(おわり)名古屋の人。山本梅逸文人画をまなんだが,浮世絵このみ,師のもとをさる。文政のころ瀬戸にいき,塐仙堂(2代川本治兵衛),真陶園(5代川本半助)の窯で各種の陶磁器絵付けをした。嘉永(かえい)4年3月17日死去。51歳。号は玉堂,玉暁,石華。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀井半二の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android