コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井算 カメイザン

デジタル大辞泉の解説

かめい‐ざん〔かめゐ‐〕【亀井算】

そろばんによる割り算の一。九九を応用した、今日行われている方法。考案した百川治兵衛(ももかわじへえ)が正保2年(1645)に著した「亀井算」によって一般化した。百川算。加命算。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめいざん【亀井算】

〘数〙 掛け算九九を用いて割り算をする算盤そろばんの計算法。今日行われている算盤の割り算の方法。商除法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

亀井算の関連キーワードそろばん亀井津平

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android