コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百川治兵衛 ももかわ じへえ

3件 の用語解説(百川治兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百川治兵衛 ももかわ-じへえ

1580-1638 江戸時代前期の和算家。
天正(てんしょう)8年生まれ。出身地は不明。越中から佐渡にわたり,算術をおしえた。元和(げんな)8年(1622)の奥書がある「諸勘分物(しょかんぶもの)」は和算書中現存最古の稿本。「亀井算」の著者百川忠兵衛と同一人ともみられている。寛永15年9月24日死去。59歳。名は正次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

百川治兵衛

没年:寛永15?(1638)
生年:天正8?(1580)
江戸前期の和算家。越中国(富山県)から寛永7(1630)年ごろ佐渡柴町に渡り,泉屋多兵衛の家に寄宿して和算を教授する。弟子が多く,百川流を成した。キリシタンの類族の疑いで入牢したが,弟子が証人となり許された。田原嘉明の『新刊算法起』(1652)には,当代算法の師として吉田光由と並び記されている。著書『諸勘分物』(1622)は第2巻のみ現存。他に成立年・稿名不明の稿本が存在する。その数学は実用を目的とするもので,レベルは高くはないが,割り算の計算に八算を使わないなど他の和算家たちとは違う計算法を使っており,亀井算と呼ばれるこの計算法は明治時代まで存続した。

(佐藤健一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ももかわじへえ【百川治兵衛】

1580‐1638(天正8‐寛永15)
江戸初期の数学者。佐渡で活躍する。出身地不明。富山から佐渡へ渡ってきた。キリシタンの疑いをかけられ,拘禁されたこともあるが,弟子たちの願いにより放免された。現存最古の稿本数学書の《諸勘分物》(1622)の著者である。これは巻物で,第1巻は失われ,第2巻だけが伝わった。その中では円積率は0.8,錐率は1/3と記されている。内容は,その当時佐渡で必要であったと思える算法が説明されている。土木,検地,材木の体積,壺,ひょうたんなどの複雑な立体の体積などが説明されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の百川治兵衛の言及

【和算】より

…これを増補訂正したのが毛利重能(もうりしげよし)著《割算書(わりさんしよ)》(1622)である。同じころ,佐渡に渡ってきた百川治兵衛は弟子のために巻物の《諸勘分物(しよかんぶもの)》第2巻(1622)を書き残している。両書とも区分求積法らしき方法がある。…

※「百川治兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百川治兵衛の関連キーワード土佐光則永原松雲烏丸光賢真田熊之助設楽貞代千々石五郎左衛門林東舟本庄宗正和久是安

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone