亀岡 末吉(読み)カメオカ スエキチ

20世紀日本人名事典の解説

亀岡 末吉
カメオカ スエキチ

明治・大正期の建築家



生年
慶応1年11月4日(1865年)

没年
大正11(1922)年11月26日

経歴
技師として内務省宮城県京都府などに務め、社寺建築の調査・保存に従事。のち神社仏閣の設計も行うようになり、京都東山忠魂堂などを手がけ、その流麗な様式は「亀岡式」と呼ばれた。その他の作品に東本願寺勅使門、仁和寺勅使門及び書院などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android