亀岡末吉(読み)かめおか・すえきち

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:大正11.11.26(1922)
生年:慶応1.11.4(1865.12.21)
明治期の建築家。内務省,宮城県,京都府などの技師として社寺建築の調査・保存事業に活躍し,のちには設計も手がけた。「亀岡式」と呼ばれる,独特の流麗な意匠で知られる。代表作には,京都東山忠魂堂,東本願寺勅使門,仁和寺勅使門および書院など。<参考文献>『亀岡図集』1

(中川理)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android