亀岡末吉(読み)かめおか・すえきち

朝日日本歴史人物事典の解説

亀岡末吉

没年:大正11.11.26(1922)
生年:慶応1.11.4(1865.12.21)
明治期の建築家。内務省,宮城県,京都府などの技師として社寺建築の調査・保存事業に活躍し,のちには設計も手がけた。「亀岡式」と呼ばれる,独特の流麗な意匠で知られる。代表作には,京都東山忠魂堂,東本願寺勅使門,仁和寺勅使門および書院など。<参考文献>『亀岡図集』1

(中川理)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android