コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀岡末吉 かめおか・すえきち

1件 の用語解説(亀岡末吉の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

亀岡末吉

没年:大正11.11.26(1922)
生年:慶応1.11.4(1865.12.21)
明治期の建築家。内務省,宮城県,京都府などの技師として社寺建築の調査・保存事業に活躍し,のちには設計も手がけた。「亀岡式」と呼ばれる,独特の流麗な意匠で知られる。代表作には,京都東山忠魂堂,東本願寺勅使門,仁和寺勅使門および書院など。<参考文献>『亀岡図集』1

(中川理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀岡末吉の関連キーワード萱場軍蔵木村惇小林福太郎駒杵勤治佐々木岩次郎佐立七次郎ダイアック林忠恕堀田貢山添喜三郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀岡末吉の関連情報