コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀嵩 かめだけ

3件 の用語解説(亀嵩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀嵩
かめだけ

島根県東部,奥出雲町中北部の集落。旧村名。 1955年近隣町村と合体して仁多町となり,2005年横田町と合体して奥出雲町となった。雲州そろばんの発祥地で,現在も家内工業により高級品を製造する特産地。 JR木次 (きすき) 線亀嵩駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕亀嵩(かめだけ)


島根県仁多(にた)郡奥出雲(おくいずも)町北部の地区。雲州(うんしゅう)そろばんの発祥地として知られる。そろばん製造は約100年の伝統をもち、現在も続けられている。ほかに日本刀をつくる刃物工場、電機工場などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀嵩
かめだけ

島根県南東部、仁多(にた)郡奥出雲(おくいずも)町の一地区。旧亀嵩村。雲州(うんしゅう)そろばんの発祥地で、100年の歴史があり、現在も手作りのそろばんを特産する。地区のはずれに亀嵩温泉が湧(わ)く。国道432号が通じ、JR木次(きすき)線亀嵩駅がある。なお、亀嵩は松本清張の小説『砂の器』で取り上げられていて、その記念碑がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亀嵩の言及

【仁多[町]】より

…島根県東部,斐伊(ひい)川上流の小盆地に位置する仁多郡の町。1955年三成町と布勢,亀嵩(かめだけ),三沢,阿井の4村が合体,改称。人口9015(1995)。…

※「亀嵩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀嵩の関連情報