コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁多 にた

2件 の用語解説(仁多の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁多
にた

島根県東部,奥出雲町西部を占める旧町域。斐伊川上流域にある。 1955年三成町と布勢村,亀嵩村,阿井村,三沢村の4村が合体して発足。 2005年横田町と合体して奥出雲町となった。古くはたたら製鉄が行なわれ,現在も鉄鋼業がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁多
にた

島根県南東部、仁多郡にあった旧町名(仁多町(ちょう))。現在は奥出雲(おくいずも)町の西半分を占める地域。斐伊(ひい)川の上流、中国山地に位置する。旧仁多町は、1955年(昭和30)三成(みなり)町と布勢(ふせ)、三沢(みざわ)、阿井(あい)、亀嵩(かめだけ)の4村が合併して成立。2005年(平成17)横田町と合併して奥出雲町となる。JR木次(きすき)線、国道314号、432号が通じる。地域の大部分は山地で、古くは砂鉄採取が行われたが、現在は仁多米の生産、野菜やシイタケ栽培、和牛の肥育が行われる。亀嵩地区は雲州そろばんの産地。三沢地区の要害(ようがい)山には中世の三沢氏14代の居城跡(三沢城跡。県指定史跡)がある。斐伊川は素戔嗚命(すさのおのみこと)の大蛇(おろち)退治の伝説で知られ、その支流大馬木(おおまき)川にはV字形の渓谷、鬼の舌震(したぶるい)(国の名勝・天然記念物)があり、県立自然公園となっている。[石橋忠男]
『『仁多町誌』(1996・仁多町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁多の関連キーワード島根県仁多郡奥出雲町大谷島根県仁多郡奥出雲町大馬木島根県仁多郡奥出雲町亀嵩島根県仁多郡奥出雲町鴨倉島根県仁多郡奥出雲町郡島根県仁多郡奥出雲町佐白島根県仁多郡奥出雲町竹崎島根県仁多郡島根県仁多郡奥出雲町三成島根県仁多郡奥出雲町八川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁多の関連情報