コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田徳三郎 かめだ とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田徳三郎 かめだ-とくさぶろう

1826-1865* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政9年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)船越村の農民。元治(げんじ)元年天狗党の乱にくわわり,兵器や食糧などの補給・輸送を担当。武田耕雲斎にしたがって京都にむかう途中,加賀金沢藩への降伏に反対して本隊とわかれ,元治元年12月幕府兵に処刑された。39歳。名は宜章。変名は園田七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀田徳三郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android